Velvet Velvet Demos

by Masahiro Naoe

  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥1,800 JPY  or more

     

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.

about

『Velvet Velvet』の曲をすべてHome Demoで並べるという企画、こういうのは大好きだ。

そもそも、Home Demoというのは自宅録音のデモ・テープのこと。
だからここではたったひとりでアレンジしたり演奏したり歌ったりしてるわけで、本盤との聴き比べはかなり面白いはず。

最初から歌詞があった曲は「さみだれ」と「Annie」と「ジェイソン」くらいで、そのほとんどのデモの歌は途中までは「ラララ」だったんだけど、今回はそういう曲も(うんと苦労してようやく)歌詞ができた時には「いつかデモが役にたつように」と、練習もかねて Home Demoのマルチ・ファイルに歌って録音、Home Demoを当時ある程度のかたちにして完成させていた(ここでの「Velvet Velvet」の歌のいくつかのパーツは本番にも移植されている)。

だからこういうレアなかたちでアルバムとしての発表も可能になったのだ。

大抵の曲がこのHome Demoのオリジナル・テンポをいかしているし、演奏でもHome Demoからいくつか移植してレコーディングに挑んだものもある(「Velvet Velvet」のギターや「For Your Love」の逆回転など多数)。テレコで一発みたいな昔のデモ・テープのデモたる魅力も捨てがたいが、自宅とスタジオでの作業が最初から最後まで一体となるこのデジタル・データの合理性は嫌いじゃない。初期の発想が薄れずにそのまま盤に残すことができるというのが一番面白いところだ。

ここでの演奏はぼくの完全な一人マルチ・レコーディング。ドラム音源のループを切り貼りしたり、ベースを弾いたり、キーボードを弾いたり。先の言葉を繰り返すが、ここにあるのは発想に一番近い音、自己流のプレイでもその熱さには自信はある。つまり、この熱血Home Demoのアイデアを聴いたメンバーやミュージシャン、スタッフが一体となって音を洗練させ、さらなるあの『Velvet Velvet』を作り上げたわけだ。その両者の関係図をあからさまにここまで深くお楽しみいただけることになったこと、これは素直に喜ばしい。どうかいろいろと想像を広げてこの制作現場の生々しい記録、その臨場感をお楽しみください。

直枝政広

credits

released August 8, 2017

tags

license

all rights reserved

about

CARNATION Japan

直枝政広(Vo,G)
Masahiro Naoe
大田 譲(Bass)
Yuzuru Ota

1983年12月 カーネーション結成。1984年ナゴムレコードよりシングル「夜の煙突」でレコードデビュー。以降、数度のメンバーチェンジを経ながら、 時流に消費されることなく、数多くの傑作アルバムをリリース。練りに練られた楽曲、 人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、演奏力抜群のアンサンブル、圧倒的な歌唱、レコードジャンキーとしての博覧強記ぶりなど、その存在意義はあまりに大きい。現メンバーは直枝政広(Vo.G)と大田譲(B)の2人。2016年7月13日に4年ぶり16枚目のオリジナルアルバム『Multimodal Sentiment』をリリース。 ... more

contact / help

Contact CARNATION

Streaming and
Download help

Redeem code